ラ王の覇道

我が名はラ王、プロブロガーが目標!

【速報】Youtube界隈がカオスな件

f:id:raoudb:20190804111116j:plain

いま、Youtubeがアツイ!などの言葉を信じて、Youtubeにいっちゃってませんか?

そんな方々へ、Youtube界隈がやたらとカオスな件を報告します。

特に、もうプッシュをかけたのは「イケダハヤト尊師」でしょう。

しかしそこに待ち受けていたのは、「無理ゲー」のYoutubeの存在でした!

目次

 

 

在宅ワークの影響?「なんちゃって」Youtuberが激増!

世間では、「テレワーク」だの「在宅ワーク」だの言っていますが、

ブログ界隈では見当たらない、Youtubeでの一獲千金を狙った輩が、ぐちゃぐちゃしているゾーンに入り込むと、吐き気がします。そんなところなのです。

どんなやつが「なんちゃってYoutuber」なのか詳しく解説します。

 

炎上御免!燃えている男(女?)炎上系Youtuber参上

一番たちの悪いのから出てきてしまいました。

こいつらのやろうとしていることは、面倒なので箇条書き

  • 売名
  • 有名人を意味なく叩く
  • 摩擦を変な風にとらえている

 

売名御免!売名屋参上!

売名屋は、後述するチャンネル登録者数を増やすためのみ活動します。

よって、「コメント荒らし」や「ツイッター荒らし」など手段を選ばず行動します

 

叩き御免!叩き屋参上

このカテゴリーは、検挙者が出るほどヤバいです。

何の根拠もなく、有名人をたたき上げます。見てはいけない動画です。

 

摩擦御免!変な奴

イケダハヤトが「まだ東京で消耗してるの?」に感化された変な人たちが

「まだ沖縄で消耗してるの?」系のよくわかんない動画を配信しています。

 

これ等全部チャンネル登録者は1000人未満

ご苦労さん!と言ってあげましょう!

 

 

チャンネル登録者数の罠。1000人行かないと収益化できない

このYoutubeのチャンネル登録者数

10万人行くと「年収が1000万円超える」とも言われています

おいしいですよね!

で、必ずビジネスアカウントには、1個100円とかでチャンネル登録者数を売買する人たちがいます。

8垢OKっていう人にも出会いました。

なんかめちゃくちゃすぎて、逆に面白かったです!

Youtubeで収益化するには、「チャンネル登録者数が1000人必要」とだけ覚えていってください

 

チャンネル登録者数10人とかのアカウントを18個持ってた人

こいつは何がしたいのか、よくわからんが、おそらくはビジネスアカウントだと推測されます。

動画はないけど、チャンネル登録者数がある

実力無視のこの光景、あなたは耐えられますか?

間違っても、「チャンネル登録するだけで100円くれるの?」と勘違いしないことが大事です。

 

お手軽簡単、サングラスで先生ができる

さっき見てました、サングラスをかけたオッサン(おそらく顔バレしたくない)

チャンネル登録者数8000人程度

で、チャンネル名がおもしろい、「Youtubeのセンセイ」

いつから、先生になったのでしょうか?

公務員も真っ青です。

 

 

Youtube参入は「無理ゲー!」単純にやめておけ!(まとめ)

理由は2点

  • 技術難度が高すぎる
  • 参入者が爆増

サムネイル画像を作るのだけで、ソフトを買わないといけない!

なんだかんだ言って、お金はめちゃくちゃかかりそうです。

サムネイル画像、動画本体、マイクなどのセット

プロの人はiPhoneだけでOKとか言っていますが、

「それではチャンネル登録者がいないんだよ!」と、説教かましたくなります。

 

最近参入者が爆増している

「儲かる!!!」と聞きつけた人が、ガンガンアカウントを作っています。

マジでやばいので、Youtubeに参入は少し待った方がいいです。

先行者優位?いまは待つ方がよいです。

その先行者になれなかった人たちが、爆増中です。

 

Youtubeは勉強になるコンテンツを発信している人がほとんどです。

しかし「儲かる!!!」と誤解した新規参入組が荒らしているので、

これを読んでいる方は、正しい情報をつかむようにしてください。

 

何と言ってもあの「ヒカキン」さんですら、5分の動画を作るのに8時間かかるそうです。

トップレベルはもう限界点まできています。

文章でも書きませんか?楽しいですよ?

 

<ラ王からのお願い>

この記事が少しでも「参考になった」「理解できた」「ためになった」!!という方は

 

無言でも、冷やかしでも構いません「はてなブックマーク」をポチッっとしてください!

もっとあなたの記事が読みたい!という方は「読者」になってみてください