ラ王の覇道

我が名はラ王、プロブロガーが目標!

はてなブログはSEOに強いのか?詳しく解説!

どーも、ラ王です。

大分、ご無沙汰ではないでしょうか?

ただ、いろいろリサーチしてみたことを書いてみるのも面白いかな?と感じ、戻ってきました。

これからもよろしくお願いします。

f:id:raoudb:20190726174907j:plain

では、本題に入る前に、ラ王のこれまでの歴史をたどってみましょうか!

ざっくりと書きます。なので改行しずに、一気に書きます(読みたくない人が読まないためにです)2018年10月はてなブログを開設。11月にワードプレスを開設12月にはてなブログがグーグルアドセンスに合格、2月に炎上事件を起こしてはてなはやめる。ワードプレスにフルコミットするも、1日100~200PVで足踏み、イヤになってサーバー解約。その間に、通勤時間でも書ける、第二のはてなブログを開設、グーグルアドセンスにすぐ合格、しかし、会社が忙しすぎてはてなブログを捨てる。時は経ち、ワードプレスを再開、しかしグーグルアドセンスになかなか受からず、つい先日捨てる。そして残っているアカウントを調べたら、このはてなブログだけ生きていたので、再開という流れです。わかっていただけたでしょうか?

さて本題

 

 

はてなブログSEOに強いのか?

競合サイトを少しめくってきましたが、「絶対に強い」と言わないところがあります。

当たり前ですが、「記事ベースでの」強い弱いがあるため、そんなことは一概に言えません。

 

「例えば」

  • Youtubeみたいに、読者が多いと上位表示される!
  • グーグルははてブに反応する
  • サーチコンソールにサイトマップ送ってないとインデックスされない

これらは、都市伝説です。

具体的に見ていきましょう。

 

  • Youtubeみたいに、読者が多いと上位表示される!

もし本当ならば、読者って何?って読者定義の仕方や、ワードプレスに勝ち目がないといった。負の副産物しか出しません。

よってこれは、ありえません。

 

はてなブックマークに反応するのは、「スマートニュース」や「グーグルのオススメ記事」などで、検索エンジン下でのはてなブックマークは全く意味を成しません。

ただし、はてなブックマークを集めておいた方が、お得です。

 

  • サーチコンソールにサイトマップ送ってないとインデックスされない

たとえ、サイトマップを送っていなくても、3か月もすればインデックスされます。しかし、機会損失が生まれますので、サーチコンソールにサイトマップくらいは送っておきましょう。

 

グーグルアドセンスSEOの関係

このテーマで何度も書いていますが、関係性は「ありそう」です。

グーグルも商売なので、noteで書いた記事は、大きなワードには登場しません。

noteにグーグルアドセンスを張り付けるのは不可能で、それによって順位が下がったか?有料部分をグーグルが全く考慮していないか?などにかかっています。

 

 

ドメイン独自ドメインなのでドメインに起因する

無料ドメイン使っている人には「論外」の話になりますが、グーグルアドセンスを貼っている人は、ほぼ独自ドメインになります。

そうなると、「はてなブログ」を使っているよー!とか「ワードプレス」を使っています!など関係なく、グーグルの認識するドメインは、「独自ドメイン」ということになります。

つまり、プラットフォームがなんであれ、ドメインの力が本気で試されます。

収益化ブログの宿命ですが、ドメインパワーが試されるところでもあります。

 

パーマリンクがどこにあるのか分かりずらい

短期・ド短期でブログ運営をするなら、「ワードプレスがおすすめです」

 

例を挙げると

・トレンドブログを書きたい

・さっさと検索順位が知りたい!などなど

 

そもそもこの記事のURLってどこにあるの?が、はてなブログの面倒なところです。

実際に公開しないと出てこないページURL

あなたは耐えきれますか?

 

救いは、少し(3週間くらい)待っていると、PVがドカンと増えるはずです。

はてなブログは若干時間に余裕がある人向けだと感じます。

 

グーグルアナリティクスにかじりつかなくて済むのが救い

勝手に、「レスポンシブ化」してくれて、自動的に「アクセス解析」してくれるのが、はてなブログです。

だから、いちいち、グーグルアナリティクスにかじりつく必要性はありませんので、そこのところは、ご安心ください。

 

はてなブログをグーグルアナリティクスに登録はできますが、アクセスの波がただでさえ多い、はてなブログに「意味あるのかな?」と感じます。

初期から入っている、アクセス解析だけ使ってあげれば、全然OKです。

 

 

最近のSEO動向

従前のSEOってこんな感じです。

「記事に書いてあることが1字1句、ユーザーのためになるだけのものか?」

つまり、濃い文章が求められてきました。

 

しかし、大幅なアルゴリズムの変更で現在はこんな風になっています。

「記事にユーザーの求めていることが含まれているか?記事はキーワードに対して網羅されているか?」

に変化しています。

 

それに伴い、はてなブログでもワードプレスでも、少し書き方を変えていかなくてはいけません。具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

 

どうやら長文が好まれる、最低でも4000文字は書け!

ちょっとしたヒントが「マナブさん」の積み上げのツイートからわかった気がします。

マナブさんのツイートには「今日の積み上げ4000文字の記事1本」などと書かれています。

 

マナブさんは現在の日本のトップブロガーです。そんな人でも4000文字しか書いていないのは、驚きです。しかも、検索上位をちゃんと取っています。

4000文字しかという表現が出てきました!

4000文字は少ないのか?

少ないです。証明しましょう!

 

本気でビッグワード狙うときには1万文字は必要と覚悟せよ

 

もしこの記事を読み終えた後、「もっとブログの文字数を知りたいなー!」とか「全然SEO流入がないけど、何か間違っているのかな?」などとお考えの方は、

 

「ブログ 文字数」でググって、ブログ部の記事が上の方にあるので、読んでみてください リンクを貼っておきます

【SEOと文字数の相関】を実際に300サイト調査した結果、衝撃の事実が…!? | ブログ部

 

このブログ部さんの記事では、ビッグワードの上位表示1~3位までの文字数は平均8300文字とリサーチされています。

これはもちろん、うまく言った場合の話です。

下手な人は、文字数を考えるときに、「とにかく1万文字を目標にやってみよう」と考えるのが妥当です。もしくは、1日4時間はブログにフルコミットしようという考え方も有効かもしれません。

10万文字書いて、無駄に平均値を上げている記事が、100位前後をうろついている、ご苦労さんな記事もあるそうです。

とにかく、10時~14時までは、何が何でも、ブログを書く!といった姿勢が大事なのではないでしょうか?

 

要ははてなブログワードプレスかではなく記事次第

この記事は、はてなブログははたしてSEOに強いのかどうかの検証をしています。

回りくどい書き方をしましたが、基本的に「独自ドメインを使っている時点で、ワードプレスと対等」や「ドメインに依存しているため、SEOは要は記事次第」ということはわかっていただけましたでしょうか?

はてなじゃ、検索上位に来ないよ!は迷信です。

しっかりと理論さえ抑え込めば、はてなブログでもSEO対策をすることは可能です。

では、次に応用理論を解説していきます。

 

実用性の高い対策

ここでは、はてなブログSEO対策する上での実用的な対策をたくさん(できるだけ)具体例も挙げつつ、説明します。

 

まずここまでのおさらい

ドメインに依存している」

「記事は文字数がないとだめ!」

と説明してきました。

もう2つ、「リライト」と「キャッシュの読み込み速度」の概念を追加します。

 

キャッシュの読み込み速度と精神衛生上消してしまっていい設定

SEOには「キャッシュの読み込み速度」というものが影響します。それに加えて、精神衛生上「キツいな!」と感じるものを、「はてなブログ」から消去します。

この3つです。

 

はてなスターは必ず消してください。でも読者数を考えると、消しにくいタイミングがあります。「読者が100人超えたら、はてなスターは消しましょう」

はてなスターは設定しておくだけで、キャッシュの読み込み速度を改善します。

SEO対策的には、消すべきです。

「消し方」

デザイン→スパナのマーク→記事→はてなスターのチェックを外す

 

コメントも消すべきです。1人でブログ運営はきついよ!と感じたら、ツイッターで発散してください。

1人はきついですが、孤独に耐えうる力もブログ運営には必要です。

 

はてなブックマークのコメントも非表示にできます。非表示にしてしまいましょう。

というのも、もしはてブ民が来て、荒らされたら!と考えると、リスクは最小限にしておくべきです。

 

おおむね、1日にはてなブログのアプリのお知らせから通知が1~2個くらいに抑えたいです。

その分、ブログ記事内容とボリュームに神経を払ってください。精神衛生的にその方が絶対よいと、断言できます。

 

ダメもとで、毎日更新せよ

全然、アクセスが伸びなくても、とにかく「毎日更新せよ」が、言いたいことです。

今、この記事5000文字行かないかも!って焦っていますが、9時から書き始めています、現在11時です。12時まではできるだけ粘りたいと感じています。

毎日、3時間くらいは時間の取りたいところ!

というのも、記事を書けば書くだけ、ドメインが上位インデックスされやすくなります。

コミットとか言い方はいろいろありますが、1日3時間、ブログにコミットしましょう!

ラ王は4時間が目標です!きっとなれれば楽勝だと思います。(今は若干きつい)

 

先生がいるその名も「ごろ鯛」さん

ごろ鯛さん(id:glglsti2019

ですが、面白いことをしていらっしゃるので、紹介しておきます。

  • お休み記事を用意している
  • 毎日何回も更新情報を出している
  • リライト重視

 

順に解説します

  • お休み記事を用意している

これは、基本中の基本ですね!お休みの時の記事は、作っておいた方がいいです。

ただ休むのではなく、「休みました~!」でもなく、

「休んだことによって得られたもの」が重要です。

 

  • 毎日何回も更新情報を出している

はてなブログは、ワードプレスと違って、内部でもアクセスを生みます。

ごろ鯛さんは、「うぜー!」と思われるかもしれませんが、ホットタイムゾーンに、新着記事を「更新記事」として、多数投稿しています。

内容は、全く同じものですが、読者になった方は一定数は読みに来てくれるのではないでしょうか?

 

  • リライト重視

ごろ鯛さんは、「リライト」も工数の1つにカウントしています。

本来ならば、リライトは新規記事とは別に行うものですが、ごろごろスタイルとして「面白いな!」と感じました。

 

他にも、1週間の振り返りとして、アクセス数や読者の増減、月間の収益報告などをされている模様です。

おもしろいので、紹介させていただきました。

 

リライトはなぜ重要なのか?

時代が順次進んでいくように、情報も順次変わっていきます。

そんな中で、「この記事だけは、上位欲しい!!」という記事はないでしょうか?

そんな記事こそ、アップデートを順次加え、読みやすく、かつボリューミーに書いてあげましょう。

おおむね、4000文字の記事を5000文字の記事にパワーアップさせるような感じでやれば、情報量の網羅や、それに伴った検索順位の改善が期待できます。

リサーチ時点で、「欲しい!!」と感じた記事に関しては、リライトをふんだんにやってやってください。

 

500記事書けば1000PV位取れるかも!

圧倒的に根拠のない話かもしれませんが、ワードプレスではなかなか「スマニュー砲」にあたることもなく、しこしこSEO対策しながら、記事を書くことしかできません。

しかし、ワードプレスの書き方自体を、はてなブログに持ち込んでSEO対策することは、十分に可能です。

だからこそ、文字数をふんだんに使って書く、キーワードをある程度意識して書く、どうでもいいことでも記事にぶち込んで書く

こんなことで、アクセスアップがかなえられたら、うれしいですよね!

 

4000文字になったのでまとめます。

 

はてなブログSEOに強いのか?の答えは記事にかかっている(まとめ)

ワードプレスだからSEOに強い、はてなブログだからSEOに強いとかは関係なしで、とにかく、検索上位に来る記事は、あらかじめある法則にのっとって来る!とだけ覚えておいてください。

まとめます

 

こんなところを意識して、はてなブログを書いてみてください!きっとSEO的にも有用ですし、アクセスアップの要因になるかもしれません!

 

時間はたくさん必要ですが、きっと楽しいと思います。ご武運をお祈りしています。

 

 

<ラ王からのお願い>

この記事が、メチャクチャ参考になった!!という方は「はてなブックマーク」をぜひ押してください。もっと、良質な記事が読みたい方は「読者」になってください!!

ラ王からのお知らせでした!