ラ王の覇道

我が名はラ王、プロブロガーが目標!

変な電話。こんな電話番号に気をつけろ!対応策2選

f:id:raoudb:20190801082611j:image

暑さでバデバテで、ブログ更新どころではありませんでした。

読者のみなさま、申し訳ありませんでした。

で、最近は暑いのも慣れて、若干へっちゃら感あるこの頃です。

皆さまも暑さ対策は、万全にお願いします。

 

さて、タイトルの通り、変な電話がかかってくることがあります。

大抵は、固定電話なのですが、どんな電話なのでしょうか?

 

最近急増中、音声アナウンスだけで、人が対応しない謎の電話。対策はあるのか?

 

プルルと電話が鳴りますが、取ってみたとこと、こちらはどこどこです。ん?留守電?いやなんか雰囲気が違う。

これは、「営業電話だ!」でも、自動音声ですよね!自動アナウンス電話が、とっても多いのです。

 

電話番号の特徴もあるのですが、この自動電話アナウンスは何でしょうか?

 

自動電話アナウンスを取ってしまうと、しばらくの間(2~3日)かかってくる

 

対応が面倒なのですが、同じアナウンス聞かされるのもどうか?とも思います。

ここで、対応策の例をあげてみます。

この人たち、詳細な個人情報を持っていません。あくまで、ランダムにかけて、反応があった場合に、コンピューターが反応して、何度もかけてくる仕組みです。

 

対応策1 何回でも同じアナウンスを聞いてやる

 

対人の場合には、面倒なこともあるかもしれませんが、相手はただのメカです。

軽くあしらってあげましょう。

なんも取って、ガチャ切り繰り返していると、そのうちに、かかってこなくなります。

電話料金がかかるので、かけてこなくなります。(人件費はいりそうにないのですが、)

 

こんな場合は、注意が必要です。

簡単なアンケートを行っています!

なんか、もらえるのかしら?

もらえるどころか、ボッタクられます。

選挙の調査などはありますが、あきらかに、雰囲気が違うので、間違えることはなさそうです。

簡単なアンケートは答えないで下さい。

どっちみち、営業電話なのですから、

放置しておきましょう。

 

営業電話の特徴2 電話番号が特徴的で、普通の電話番号ではない

具体的に挙げてみましょう。

0800 050こんな電話番号の場合には、間違いなく、営業電話です。

友達が「電話番号変えたよ!0800でねー!」って話にはなりません。(080はあり得る)

つまり、あずかりしらない謎の人からの電話であり、最近は、電話オペレーターが人手不足の影響で雇えないため、「自動電話アナウンス」に切り替わっているだけなのです。

 

0800 050こんな電話番号は無視しても構いません。

さて、営業電話といっていますが、なんの営業をコイツらはしているのでしょうか?

調べてみましたので、ぜひ続きも読んでみてください。

 

営業電話の中身 大抵は電力会社の切り替えか、謎の下水管の清掃

f:id:raoudb:20190801082631j:image

以前、光ファイバーの工事をしたものですが、とかかってきました。

光ファイバーの工事をした方限定で、下水管の清掃を無料でやるよ!とか、わけわかんないこと言ってきたので、突っ込んでみた!

どこのプロバイダーでしたかね?」

実はこの質問には、工事会社では答えることができない、NTTでさえ至難の業である。

しかし、この謎の工事会社は、

保管はしてありますが、個人情報なのでいえません!

と切り返してきた。

プロバイダー情報なんか、わかるわけがない。

 

で、もっと突っ込んでみた!

民地にはかかつていませんか?

これは、専門用語なので説明します。

お隣さんの土地の上空などを、光ファイバーが通過するときに、許可が必要で工事会社ならば、必ず知っている。

 

この下水道業者の回答、

「そんなものありません、心配しないで下さい」

つまりコイツ、工事してないやん!とはっきりわかった!

 

突き詰めると、固定電話にかかってきた電話には出るな

対応も面倒だし、うるさいし、今時固定電話っているの?の時代です。

もしかすると、携帯電話にも、ガンガン営業電話がかかってくる時代が来るかもしれませんが、

相当先の話と思われますし、ネットで電話番号ググられると、終わりなので、ないとは思います。

 

また、「せやろがいおじさん」の真似をします。

この記事がまぁまぁ面白く「また、読んでやろっかなー!」と思われた方は、読者になるボタンをポチッとお願いします。

 

もうこの記事最高!ぜひ応援したいという方は「はてなブックマークボタン」ポチッとお願いします。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました!