ラ王の覇道

我が名はラ王、プロブロガーが目標!

デビットカードとクレジットカードは何が違うの?コンビニの店員も全く理解していないそのカラクリ!

f:id:raoudb:20190728093917j:image

久しぶりに、「よくわかってるやん!」って言う店員さんに接客してもらった。

セブンイレブンである。少しおばちゃんっぽい方であったが、「わかっているね!」と褒めてあげたくなった。

 

何が起きたのか?

カードで支払うよ!の意思を示したところ、何も言わずに、カードを差し込むところを指差したのである。

 

コンビニでは、どのような教育がされているのかは知らないが、とりあえずカード類は全部クレジットカードのカテゴリーに突っ込むらしい

 

ラ王は、コンビニで買い物するときも、駅のキヨスクみたいなところで買い物するときも、必ずデビットカードを使う」のが鉄則であります。

キヨスクみたいなところの場合には、カードを渡してしまうため、クレジットカードですか?現金ですか?とか、野暮なことは聞かない。

 

問題はコンビニ、中でもカードを差し込むタイプのレジの「セブンイレブン」と「ローソン」で事件は発生しやすい。

 

こちらの持っているカードは、あくまでもデビットカードなのである。

 

説明するのは邪魔くさいため、ただただカードで払いますというと、もれなく、「クレジットカード」ですね?とわけのわからない回答が返ってくる

 

日本にはカード類は、めちゃくちゃあるはずである。

知らないおばちゃんだけが、デビットカードとクレジットカードの違いが分からないか?というとそうでもなさそなうなのです。

 

結構若そうな店員さんでも、平気な顔で「クレジットカードですね?」と、意味不明のことを言ってくるケースが多い。

 

真にうけて、「違うよ、デビットカードだよ!」と言ったとしても、おそらくは通じないだろうと踏んでいる。

 

おそらくは、「レジの扱い方」などの研修で、「カードは全部クレジットカード」とか、教えてもらっているのだろうか?

 

知っている人がいたら、教えてもらいたいくらいなのです。

 

デビットカードとクレジットカードって違うものなのか?

f:id:raoudb:20190728094005j:image

 

知らない人がいたら勉強して、帰って行って下さい。

 

クレジットカードは説明が簡単です。

クレジットカードはお金を借りて買い物をする

これだけ知っておけば、OKだと思います。

それだから、審査とかあるわけです。お金貸すわけだから、ちゃんとした人にしか貸さないぞ!と言っているわけです。

 

デビットカード現金同等物と考えれば良い

デビットカードは、買い物した瞬間に、そのデビットカードの発行元の銀行口座から、現金が銀行に一時保管されます。

そして、加盟店の決済時にその現金たったものが、売り上げとして、セブンイレブンなどに支払われるわけです。

そのため、銀行口座にお金が無いと使えませんし、口座残高超えた買い物も、不可能です。

 

クレジットカードは借金する

デビットカードは現金と同等

 

こんな感じで覚えておけば、大丈夫でしょう!

 

デビットカードのメリットとは

クレジットカードのメリットやデメリットは語り尽くされていますので、ここでは文字数の関係上、触れません。

 

デビットカードは現金と同等のものと言いましたが、現金では無いことを理解しましょう。

そう、現金とは違う機能があるわけです。

 

デビットカードの買い物ではポイントが貯まる

現金では、ポイントは貯まりません、当たり前ですが!

デビットカードでは、楽天銀行などでは楽天ポイントが貯まります。

住信SBIネット銀行などでは、ポイントに一度変えて、現金にすることも可能です。

 

お金を使っているのに、お金が返ってくるとは、お得感満載ですよね!

 

何故ポイント還元などができるのか?

デビットカードもクレジットカードも加盟店(セブンイレブンみたいなところ)では、決済方法自体は同じです。

 

そして、発行元にはインセンティブとして、手数料が支払われます。

これを元手に、ポイントバックやキャッシュバックしているわけです。

 

楽天銀行はとってもお得な銀行です。

また、機会があれば、楽天銀行についてしっかり解説したいと思います。

 

今回は、セブンイレブンに行って、普段から疑問に思っていた点について、わかりやすく説明しておきました。

若干、ザックリ感がありますが、ご理解いただけたのではないでしょうか?

 

面白いな!役に立つな!という記事を皆さまに提供していきます。

また読みたいな!と思った方は「読者」になっていただけると、ラ王は喜びます!